curon

医療機関コード:855d

クリニック案内

医院名
医療法人 黒川診療所
理事長
黒川 達人
住所
〒555-0025
大阪府大阪市西淀川区姫里1-22-23
診療科目
内科・ペインクリニック内科・リハビリテーション科(準備中)
電話番号
06-6471-9912
facebook

嚥下リハビリテーション(準備中)

準備中

摂食・嚥下リハビリテーション外来のご案内

摂食・嚥下リハビリテーション外来のご案内

私たちが生きていく中で食事はとても大切なものです。
そしておいしく食べることは、元気に生活するための基本であり、喜びの一つでもあります。
「摂食・嚥下障害」とは、脳卒中の後遺症や神経難病、認知症、加齢などが原因となり、食べることが難しくなる障害です。

下記のような症状が続くようであれば、摂食・嚥下障害が疑われます。

  • 食事中にむせる
  • 飲み物を飲むとむせる
  • 痰が増えた
  • 体重が減った
  • 食べるのが遅くなった

  • 弱い咳がなかなか取れない
  • 物が飲みこみにくい
  • 食事中や食後に喉に違和感がある
  • 肺炎と診断されたことがある
  • 口から食べ物がこぼれることがある

摂食・嚥下リハビリテーション外来のご案内

「摂食・嚥下障害」になると、食べ物や唾液がうまく飲みこめず、誤って気管に入ってしまうことで起こる誤嚥性肺炎を繰り返したり、食べれないために栄養不足や脱水を引き起こしたり、大きな塊が飲みこめないために窒息する場合もあります。

当院では、このような症状でお悩みの方を対象に「摂食・嚥下リハビリテーション外来」を開設しています。

飲みこみの状態を調べるVE検査(内視鏡検査:当院)およびVF検査(X線透視:千船病院と連携)を行い、適切な食べ方や調理の仕方の指導(千船病院と連携)、必要に応じて嚥下のリハビリテーションを行っています。
是非お気軽にご相談ください。

VF検査(X線透視下で飲み込めるかを調べる)とは

千船病院と連携し、X線テレビシステムを使用し、医師の監督下で専門のスタッフ(言語聴覚士)が食事介助を行いながらバリウム等の造影剤を含んだ食品(ジュース、ゼリー、おかゆ等)を飲んだり食べたりしていただき、誤嚥があるかどうかなど飲みこむ状態をモニター画像で確認、録画し、その画像情報をふまえて医師が摂食嚥下機能の評価、診断を行います。

VE検査(内視鏡用いて実施する検査)とは

鼻腔から細いファイバースコープをのどに挿入し、咽頭部の形や動きの状態を直視下で観察する検査です。
実際に飲食物を嚥下していただき、咽頭を食物が通過していく状況を観察記録し、気管に入ったり、残留しやすいかなどを調べます。また、日常的にのどに痰や唾液が溜まりやすいかなども観察することができます。